生理前のイライラ、PMSになってしまったけれど、授乳中…。
ちゃんとできる対策をまとめてみました。

授乳中の生理前のイライラはハーブも使える

授乳中のPMS対策として、漢方やアロマと同時によく言われるのがハーブです。

  • いわゆる植物なので、授乳中でももちろん問題ないし
  • でも、アロマと同じく治療に使っているような国もあるし
  • ハーブティなどブレンドされた商品もいろいろあるし
  • その割に合う人には合うようなので、満足感も高いし
  • 価格も手頃なものからいろいろあるようだし

けっこう気軽に続けられるというのが最大のメリットかと思います。
PMS対策に絶対に必要なリラックスにもつながる面もあるので、なかなか良い対策だと思います。

一般的によく使われるハーブ

一般的に、生理前にイライラするならこれを使ったら良いと言われるハーブはこんなものがあります。

  • チェストツリー
  • ローマンカモミール
  • セントジョーンズワート
  • ラズベリーリーフ
  • パッションフラワー
  • アニス
  • タンポポ
  • オレンジフラワー

アニスやチェストツリーは女性ホルモンを調整すると言われています。
(医薬品としてチェストツリーが配合されたPMS治療薬もあるようです)

ハーブもほんわり系の対策。手間が面倒…

それ以外は基本的に生理前や更年期などの不調をほんわりサポートするイメージです。
気持ちの落ち込みのサポート力もあるので、ちょうど良い対策として使えるのだと思います。

ハーブは味に癖があるものもあるし、個人差も大きいものです。
単体で飲むよりも、ブレンドのもので美味しいと感じられるものにする良いようです。

味や価格に納得できるものを見つけるのが大変

ただ、この「味や価格、満足感のバランスが取れたものを見つける」のがなかなか大変で…。

  • 手頃な価格のハーブティはなぜか香りや味もぼんやりしている印象だったり
  • 本格的なものを試してみたら、ハーブの保存や作り方が難しかったり
  • 飲んでみると意外とハーブティを入れる手間が取りづらく面倒だったり
  • クセのある香りや味がだんだん嫌になってしまったり
  • 自分の満足度に対して価格もなかなか納得できるものが見つからないし

と、手軽そうに見せかけて、けっこう面倒だし難しいし、管理や作り方も馴染みにくいし…。
トライしてみたものの結局挫折した経験が何度もあります。
(わたしは母乳が出る!と言われるハーブティも結局挫折しました…)

特に授乳中はなかなか自分の時間なんて持ちにくいし、ゆっくりできることも少ないものです。
もともとハーブやお茶が好きでその手間も構わない!というなら良い対策かもしれません。
でも、授乳中に手間を増やすのは結局、新たなストレスの元になりそう

効果とか満足度以前に、対策として向かないかも?と感じています。

スポンサーサイト