生理前のイライラ、PMSになってしまったけれど、授乳中…。
ちゃんとできる対策をまとめてみました。

授乳中の生理前のイライラには漢方が使われることも多い

生理前にイライラすると、よくあげられる対策として漢方があります。

PMSを専門にしている外来などでも、漢方に詳しいお医者さんが処方してくれることもあるし、漢方調剤専門の薬局では体質などに合いそうな漢方をオリジナルで処方してくれることもあるようです。

漢方というと歴史も長いし比較的身近にあるものです。
なんだか信頼できそうだなあ、というイメージがありました。

よく使われる漢方はけっこう同じ

ちなみに、よく使われる漢方はこういうものがあります。

  • 加味逍遥散(かみしょうようさん・イライラや不安、冷えにも)
  • 女神散(にょしんさん・不安や不眠、のぼせにも)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん・血行不良や肩こりにも)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん・頭痛やめまい、肩こりなどにも)
  • 桃核承気湯(とうがくじょうきとう・便秘やのぼせ、月経不順にも)

漢方は婦人科など病院で処方してもらうこともできます。
漢方専用の調剤薬局で調剤してもらうこともできます。
(ですが、これはかなり高くつくことが多いようです)
そして、ドラッグストアなどの薬局でも病院で処方されるものと同じものを購入することもできます

もちろん、どれも授乳中でも飲むことができるようです。
心配な場合は購入時に聞いてみたらきちんと教えてもらうこともできます。

漢方は定番の治療なのかも

できれば自分に合いそうなものを選んでもらった方が良いと思います。
でも、ドラッグストアでも買えるという気軽さは良いんじゃないかなあと感じました。

ただ、時間はかかるし合う合わないが大きな対策で…

でも、実際に使ってみるとかなり合う・合わないがあるもののようで…。
わたし自身、期待して続けてみたもののまったく効果を感じられませんでした。
もちろん、合う人には合うものの、最低1ヶ月間は飲み続けてみないとわからないと言われます。

個人差があるものですが、手っ取り早く対策をしたい!という場合には向かない方法ではあります。
漢方を試してみるなら、じっくり向き合うつもりでやってみる必要があるでしょう。

スポンサーサイト