生理前のイライラ、PMSになってしまったけれど、授乳中…。
ちゃんとできる対策をまとめてみました。

PMSと診断されるとまず使われるのが低容量ピル

婦人科やPMS外来などを受診して、問診や血液検査をして、PMSと診断される。
すると最初に勧められるのが(ほとんどの場合)低容量ピルです。
先生によっては漢方の場合もありますが、ピルとの併用を勧められることもあるようです。

わたし自身、PMSをなんとかしたくてこれまで10軒近く受診しましたが、その8割くらいでピルを勧められました。

ピルも合う合わないはあるし、すべての人が使えるわけではない

低容量ピルは、物理的に生理を止めてしまう薬です。
(体を妊娠しているような状態に錯覚させるみたいです)
生理のような出血は起きますが、正確には生理ではないそうです。

その状態であれば、生理前にホルモンバランスに変化も起きないし、PMSが起こりようがない、と考えられています。
(さらに、子宮も休められるので、ほかの病気の予防にもなるようです)

ピルはメリットとデメリットの見極めが大切

ただ、低容量ピルには副作用もあると言われています。

  • 血液がドロドロになりやすくなる(血栓ができやすくなる)
  • むくみやすくなったり、やせにくくなったりする
  • 頭痛や吐き気が起こることもある
  • もちろん、飲んでいる間は妊娠もできない

当然と言えば当然ですが、ピルを飲んでいると妊娠もできません。
やめてからも数ヶ月は待つ必要があるので、妊娠を望む場合にも使えない薬です。

と、良い面もあればいまいちな面もあるのが低容量ピルです。
メリットを感じられれば良いのですが、誰でも絶対に良い!とはいえないものだとは思います。

わたし自身はこのピルがまったく合わず…。
症状は出てくるのに、やせにくくなったり頭痛が起こりやすくなったり定期的な血液検査が必要になったり、手間が増えてしまうことになりました。

卒乳後にもひどい状態が続けば検討してみるのも良いのかも?

そんな薬なのでもちろん、授乳中も使えません。

でもそれでは治療ができないので、受診する時期や症状によっては(ある程度月齢が大きくなっているなど)病院から卒乳を勧められる場合もあるみたいです。

低容量ピルは副作用の心配は多少あるものの、PMS治療の定番とも言える薬です。
メリットを感じられたら確かに、卒乳も検討しても良いのかもしれませんが…。

それで個人的にはPMSのために断乳するのはもったいないと思います。
授乳中でもできる対策でなんとか乗り切って、親子ともに納得して卒乳して。
それから、ピルのことを考えてみても遅くはないと思います。

スポンサーサイト