生理前のイライラ、PMSになってしまったけれど、授乳中…。
ちゃんとできる対策をまとめてみました。

よく眠ってたくさん笑うのが1番シンプルな生理前のイライラ改善法だと思う

生理前の不調は、ホルモンバランスの崩れで起こると言われています。

そう聞いてしまうとどうしても、ちょっと難しい病気のように感じてしまうかもしれません。
でも実際は、自分自身の生活習慣がPMSの原因になっていることがほとんどなのだそうです。

中でも1番大きな影響を及ぼしているのが、ストレスです。

ピルより漢方より何より、ストレスを減らすのが1番の治療になるのだそうです。

※わたしも、会社員をしているときにPMSのために通院していたとき、いつも
「会社をやめるのが何よりの治療になるんだけどねえ」
と言われていました。
実際に退職したら、確かに不調はすごく減りました。

とは言え、ストレスは毎日生活していたら絶対にたまるものです。
ためないようにしようとするのは、無理な話です。
それを目指すこと自体がストレスになるのでやめた方が良いです。

だからこそ、ストレスを毎日どうやって解消していくか。
それを見つけるのが、生理前のイライラを軽減していくために1番有効な対策になると思うのです。

ただ、食欲に身を任せるのはやめた方が良い

イライラするとどうしても、食欲や物欲に身をゆだねてしまいがちです。
わたしも生理前の過食からどうしても抜け出せず、1年で20キロ以上太った経験があります。

食べると確かにそのときはスッとするというか気持ちが楽になる気がします。
買い物も、買った瞬間はとてもうれしいし楽しいです。
でも、それはそのときだけのこと。

  • お金は無駄に減ってしまうし
  • あとに後悔しか残らないことがほとんどだし
  • 自分に有益なことが何もないし

失うことが多すぎるのでやめよう、という意志が必要です。
こうならないためにどうするか、ちょっとしたことの積み重ねが必要だと思うのです。

とは言っても育児中はその積み重ねがそもそも難しい

そうは言っても育児中はどうしても、普段以上にストレスを解消しようと思っても難しいものです。
休みたいと思っても休めないし、できないことも多い。
ストレスを解消したくてもどうしたら良いかわからなくなることもあるでしょう。

単純なことでたくさん笑うのが大切

だから、できるだけ基本的なことで気持ちを落ち着けられるようにしていけるのが良いと思います。

  • 子どもと思いっきり遊んで大笑いさせるとか
  • 気になっていたことを片づけてしまうとか
  • 普段よりちょっと(お金を使ったりして)手抜きをしてみるとか
  • 気晴らしに30分くらい早歩きで散歩してみるとか
  • 何もしたくないなら子どもと一緒に2、3日引きこもってしまうとか

特別なことをしなくても、気持ちはけっこう落ち着けられるものです。
そういうちょっとしたストレス解消法を自分なりにいろいろ見つけられると、徐々にラクになっていけるのではないかと思います。

辛いときは寝るだけでもスッとすることもある

それでもイライラしてどうしようもない!というときももちろんあると思います。
そういうときは、とりあえず寝てしまうのも良いものです。

子どもが昼寝をするときに一緒に2、3時間寝てしまう。
それだけでもかなりスッとするものです。

まとまった睡眠は難しいときではありますが…。
ただの寝不足でイライラが起こっているときも確かにあります。

やらなければいけないことをひとまずおいておいて、寝る!

これもとても役立つPMS対策です。

スポンサーサイト