生理前のイライラ、PMSになってしまったけれど、授乳中…。
ちゃんとできる対策をまとめてみました。

わたし自身、妊娠前はPMS対策にサプリを使っていました

個人的には、生理前のイライラ対策にはサプリが便利だと思っています。

  • 更年期障害などの治療に使われるような成分もあるし
  • 満足度が高いものがいくつかあるし
  • PMS以外にメリットを感じられるものも多い

サプリは飲むだけで良いのでやっぱり手軽。
確かに費用はかかるものの、ばっちり合うと満足度は特に高いことが多いと思うのです。

食品ではあるものの、授乳中でもOKなものは少ない

特にこれは生理前の落ち込みやイライラのサポートに頼もしいなあと思うものはこちらです。

プラセンタ

更年期障害の治療として実際に使われることもある成分
豚や馬、羊由来の胎盤を使っていて、その効果はとても幅広いです。
ただ、費用がとても高い。
種類も多いものの、ベストなサプリを見つけるのが少し難しいかもしれません。

マカ

もともとは男性向けの滋養強壮のイメージが強いものの、実は女性のホルモンバランスの崩れ、冷えや疲れやストレスにも役立つと言われています。
有機認定済みなど品質も安心感もあるものが多いものの、独特の臭いや飲みにくさもあり…。
続ける敷居は少し高いかもしれません。

すっぽんや黒酢などのアミノ酸含有食品

この中で唯一、授乳中でも飲めるサプリも多いのが特徴。
でも、個人差が大きく、合っていてもとても穏やかだと言われることが多いです。
価格も安くて試しやすいものの、症状がひどいときは頼きれないかもしれません。

レッドクローバーなどハーブ由来のもの

この頃医薬品として出たPMS用の治療薬にも含まれているハーブ。ゆるやかに少しずつ、力が発揮されることが多いと言われます。
ただ、漢方などと同じく、時間はかかるし合わない人にはまったく合わない。余裕を持って使う必要があるものだと思います。

その他、鉄分が多く含まれるものや疲労の回復に役立つようなものなど、選択肢は意外とあります。
イライラだけにピンポイントで対策できる、薬のようなサプリもあるのです。
(ハーブでの対策についてはこちらにも:ハーブでPMS対策は授乳中だと難しい…?

費用対効果を含め、自分に合うものを見つけるまでは少し大変ですが…。
それが見つかればとても安心できる対策だと思います。

費用対効果を考えると授乳中はサプリは諦めた方がよさそう

サプリメントはそもそも、ただの食品だと言われます。
薬ではないので、飲み方や飲む時間などは決まっていないし、無理に続ける必要もありません。

サプリは自由なもの。でも授乳中は慎重に。

でも、どこまでどんな風に影響が出てくるかはわからない。
そのため、ほとんどのサプリメントは妊娠中や授乳中は飲めないことになっています。

確かに、スッポンや黒酢などの比較的身近な食品由来のサプリなら授乳中でも飲めるようですが。
(合えばラッキー、くらいのゆるいものが多いですが…)
それ以外は勝手に自由に飲むのは避けた方が良いのです。

授乳中はそんな中で満足できるサプリを見つけるのは難しい。

最初から授乳中はサプリは無理
そんなつもりで対策した方が良いかと思っています。

スポンサーサイト